日暮吉延『東京裁判の国際関係 国際政治における権力と規範』(木鐸社,2002)と回線トラブル

久しぶりの更新です

まずは昨日起こったネット回線の不具合について

私のメインのデスクトップは1Gbpsの光回線で、LANケーブル這わせて優先で繋いでいるのでそこそこの速度が出ているんですよね。

 

f:id:chuzisakix:20200705224439j:plain

 

計測サイト↓

www.speedtest.net

 

普段はもちろん回線速度に不満を感じることは無いし、昨日も特に何かあったわけでは無かったのですが偶然、異変に気が付きました。

 

f:id:chuzisakix:20200705225616j:plain

タスクマネージャーを開いたときのこの画面で「ネットワーク」の使用率が70%くらいに達していたんですね

 

これはほぼあり得ないことで、理論値が1Gbpsだから、その70%といったら700Mbpsほどの通信をしていることになる

 

当然、回線に負担のかかるような作業は何もしていなかったのでとりあえずネットワークと共有センターを開いてみることに。

 

f:id:chuzisakix:20200705230045j:plain

 

そうしたら、「速度」の項目(赤で囲ってある部分)が10Mbpsになっていた!(画像は正常な状態のもの)

回線速度が普段の100分の1になっている状態(無論、これはリンク速度ですが。)

ちなみにこのとき、speedtestでの実測値も5Mbps程度だったので実際に速度は100分の1程度に低下していました。

 

とりあえず、 [リンク速度 10Mbps] のようなワードでググった結果、同じような症状への対処法がいくつか見つかりました。

 

ネットワークアダプタのドライバ更新

ネットワークアダプタの設定で「省電力イーサネット」を無効化

ネットワークアダプタの設定で「システム無動作時の節電機能」を無効化

ネットワークアダプタの設定で「速度とデュプレックス」の項目を「1Gbp全二重通信」に変更

ルーターを再起動

・LANケーブルの抜き挿し

・LANケーブルの交換

マザーボードの交換

 

マザーボードの交換は最終手段として、上記のどの方法も効果なしでした。

(「速度とデュプレックス」に関しては、「1Gbp全二重通信」に変更するとネットワークアダプタ―が機能しなくなりました。)

 

どうしようもないのでUSBタイプのLANアダプターでも買って検証しようかと思いましたが、念のため、ルーター側の故障もチェックすることに。

 

結果、ルーターのLANポートのランプが点灯していないことを発見(1Gbpsでリンクされている場合はランプが点灯する)

 

別のLANポートに挿し変えたらランプ点灯、PC側でも速度が正常に戻りました。

 

原因はわかりませんが、ルーターのLANポートが故障していたようです。

以上。

 

 

本題は、昨年末に購入した

東京裁判の国際関係 国際政治における権力と規範』日暮吉延

について。

 

f:id:chuzisakix:20200705233017j:plain

f:id:chuzisakix:20200705233117j:plain

 

私は、比較的状態の良いもの(使用感無く、スリップも挟まったまま)をちょうど¥15,000で購入しましたが、今見るとやや価格が上がっているようですね

f:id:chuzisakix:20200705233823j:plain

 

定価が¥10,000なので少し悩みましたが、「本との出会いは一期一会」

という信条に忠実に行動しました。

 

読む量よりも買う量の方が圧倒的に多い!(実際、私の本棚には読み終わった本の5倍くらいの量の「積み本」があります。)

 

2020年も折り返し地点を過ぎた今、そろそろこいつを読み始めようということですが、”専門書寄りのまじめな本”であり、分量もそこそこあるので、内容理解とモチベーション維持のため、今後読み進めるごとにかんたんなまとめ記事を作っていこうかと思います。

 

今回はその宣言です。(本当は序章についてくらいは書こうと思っていたけれど、思いの外疲れたので次回に)

 

↓目次

f:id:chuzisakix:20200706000447j:plain

f:id:chuzisakix:20200706000507j:plain

 

1章ごとに記事を書く予定です

 

 

 

ちなみに、画像の書見台豊岡クラフト↓のもの

www.toyocraft.com

 

非常に質が良い!

 

それでは。